お小遣い

先日、お小遣いの話題が出てきました。
子供たちはもちろん、金額が多いほど喜ぶと思います
がしかし、いつから幾らあげればいいのでしょうね?
統計を採ったわけではありませんが、私のお友達の中では小学3年生ごろからお小遣いをあげているご家庭が多かったです。
金額は、まちまちで、A・学年×100円(三年生なら300円)B・年齢×100円(9歳なら900円)
ちなみに我が家は、小学校の間はBタイプで、中一1500円、中二2000円、中三2500円、高一3000円、高二4000円高三5000円、後は1万円でした。
子供たちは「もっと上げてくれ~」 「お友達はもっと貰ってる~」とかって言ってましたけど、何とかやりくりしてましたね。
お小遣いがなくなって来たり、買いたい物があるときは、リビングに「何でも引き受けます」の張り紙が出てきます。
メニューは「肩たたき30分100円」とかね
または、いらなくなった「おもちゃ」や「本、ゲーム」などを持ってきて「お母さん、これをフリマに出して!」て感じです。
お友達の中には小学生で3000円中学生で5000円高校生で1万円なんて人もいましたが、よそはよそですよね。
[PR]
by boutondore | 2005-03-26 11:22 | MEさんち
<< ピーマン嫌いな方におすすめ ほうれん草のチーズソテー >>